E-M5 vs E-M1 vs α7 vs α7R の比較

先日発表されたSONYのα7とα7R。

さっそく、ソニープラザ大阪でその使い勝手をチェックしに行ってきた。

● ボディもレンズも軽いが、割とボリュームはある。
● 値段に見合う高品質感は薄い。
● 操作系はSONY機に慣れてないが、直感的にある程度使えた。ただ各ダイヤルのクリック感は渋い。
● 連写はダメダメ
● シャッター音が大きくて不快
● AFは満足できるレベル

といったところか。

う~ん、う~~~~~~~ん。

このサイズのフルサイズ機ならぜひ欲しいと思っていたが、実際手にしてみると、まだまだ熟成されてないというか、
コンパクトにするために省かれた機能も目立つ。

まるでPEN E-P1が登場したときのようだ。

今のE-M5、もしくはE-M1を導入してマイクロフォーサーズレンズ群を使うほうが、あきらかにコンパクトなシステムが組めるし、どうしよう?

私が現状のマイクロフォーサーズで不満に思っている面は、追従AFとボケ量の2点。

これを導入することで解決するかといえば、手ブレ補正など逆にもの足らない面も出てくる。

フルサイズとしては世界最小カメラではあるものの、やはりレンズが大きくてかさ張る。

それにまだ欲しいと思えるレンズも出ていない。

あっちを立てれば、こっちが立たずとはこのことだ。


sonyA7_zoom_.jpg


005_20131018185012db2.jpg



むー、もうしばらく考えよう。。。